今日は何をしようかな?

20代主婦のまるです。日常のことを書きます。料理、コスメ、映画のことが多いと思います。

iPad Airを購入しました。

こんにちは。

先日、iPad Airを購入しました。ブログ執筆と電子書籍を読むために購入しました。ブログ執筆は、iPadでは向かないとさまざまなところに書いてあったのですが、今回何回か使ってみての感想を書きたいと思います。

 

 

 

10.5インチ iPad?Air Wi-Fi 256GB - シルバー (最新モデル)

10.5インチ iPad?Air Wi-Fi 256GB - シルバー (最新モデル)

 

  

メリット

電子書籍が読みやすい

本を読みたいという感情は常に持ちつつも、かさばるからと買えず、図書館では期限内に読めず…ということが続いたため、電子書籍を利用するようになりました。iPhone SEで読んでいたのですが、雑誌となるとなかなか厳しいと感じていました。本でも読めなくはないのですが、文庫本以外のもの、図が多いものなどは読みづらさを感じていました。iPad Airを利用するようになってから、雑誌も不自由なく読めるようになり、また文庫もスクロールすることが少ないので読みやすいと感じるようになりました。持って読むには少し大きめですが、テーブルに立てかけたりスタンドを使ったり、寝ながら見るときもちょうどベッドに立てかけるようにすると、重くもないし見やすいと感じました。

iPhoneと簡単に連動してくれる

iPhoneとの連動はあっという間にしてくれて、面倒なWi-Fiのパスワードなども引き継いでくれました。今までパソコンでブログを書いていた時は、写真を取り込むのが面倒に感じて、文章はパソコンで、写真はスマホから入れて公開、とすることが多かったのですが、LINEも連動してくれたので、写真をLINEのアルバムからすぐにダウンロードできるようになりました。そのため、ブログ執筆がiPadのみで終われるようになりました。

③キーボードがサクサクで快適

 

 レビューや使ってみての感想を見ていると、iPadは文章を書くのにパソコンよりも反応が遅い、とさまざまなところで見かけるので、少し心配でした。使ってみて、特に気になることはありませんでした。きっと文章を書くことがメインになるような仕事をされている方や、もっとブログ執筆をしっかりされている方は、不満をもつこともあるかもしれませんが、私のように趣味程度で使っている人には問題なく使えると思います。

ちなみに、キーボードは純正のものではなく、サンワのBluetoothで繋がるものを使っています。押し心地、使用感、サイズ感がちょうどよく、5000円以下で購入できました。スタンドはダイソーで購入したものを使っています。純正のようにケース一体型ではないので少しかさばりますが、iPadとキーボードが少し離れても使用できること、自分の好きな押し心地のキーボードを選べるので、純正にこだわらなくてもいいのかなと思いました。

 

デメリット

①マウスが使えない

これはもともとわかっていたことなので、仕方ないという感じです。画面が大きいので、指でタッチでもそこまで不自由はありません。

②ブログでの見出し、貼り付けが面倒

これも、いろいろなところに書いてあったので、覚悟はしていました。アプリ版だと文字を大きくするしかできないのですよね。見出しや商品貼り付けはブラウザでしかできません。ブラウザだと、サクサクではなくなってしまいました。さやかまるさんが、スマホのみで執筆していたと話していたので、Proにすると、もしかしたら何か変わるのかもしれません。私は今のところProにするつもりはないので、ここはどうにか工夫してやっていこうと思います。

 

まとめ

私は、ブログの執筆とブログを書くためのインプットとして電子書籍を読みたいと考えていました。それを両方叶えるとなるとパソコンでは本が読みにくいし、Kindleなどの小さなものだとブログの執筆に支障があるのではと思い、iPadを選びました。iPad Proの方がパソコンに近いということを聞いたのですが、iPad Proは値段が高くて…、ということで、今回新しくなったiPad Airを購入するに至りました。

iPad Airでブログの執筆はやりにくい、ということはさまざまなところで書いてあったのですが、どう使いにくいのかがわからなかったのと、私のように趣味程度で楽しみたい場合は使いやすいのか、それでもダメなのかということが書いてある記事に出会えなかったので、今回書いてみることにしました。

結論としては、少し面倒だけど悪くはない、という感じです。特に、キーボードに関してはまったく不便はないので、そこは強調したいと思います。まだ買って日も浅いので、これからバリバリ使っていきたいと思います。

 

それでは、また!